睡眠診断(AIS)

アテネ不眠尺度(AIS)とは?

世界共通の不眠症判定法に、世界保健機関(WHO)が中心となって設立した
「睡眠と健康に関する世界プロジェクト」作成の「アテネ不眠尺度(AIS)」があります。


8つの質問に4段階の回答があり(0~3点換算)、最大24点で数値化し、客観的に不眠度を測定できるものです。

簡単な判定法です。「最近、眠れないな」などと感じたら、チェックしてみて下さい。

判定方法 下記、AからHまでの8つの質問で、
「過去1カ月間」に、少なくとも「週3回以上経験したもの」にチェックしてください。

A. 寝つきは(布団に入ってから眠るまで要する時間)?
B. 夜間、睡眠途中に目が覚めることは?
C. 希望する起床時間より早く目覚め、それ以上眠れなかったか?
D. 総睡眠時間は?
E. 全体的な睡眠の質は?
F. 日中の気分は?
G. 日中の活動について(身体的及び精神的)
H. 日中の眠気について
(Soldatos et al.: Journal of Psychosomatic Research 48:555-560, 2000)

判定結果 / 24点中

上記8つの質問全てをチェックしてください。

4点未満
今のところ睡眠障害の心配はありません。
油断せず、よりよい生活習慣を心がけましょう。
あなたへの参考リンク
快眠と生活習慣ページ
4~5点
不眠症の疑いが少しあります。
できれば医師に相談することをお勧めします。
あなたへの参考リンク
眠れない訳ページ
6点以上
不眠症の疑いがあります。
医師に相談することをお勧めします。
あなたへの参考リンク
睡眠衛生と治療ページ

トップへ戻る